歯になんらかの問題を抱えているけど、まだ症状自体はないので歯医者には行っていないという場合、長期旅行を機に歯医者へ行って診てもらうというのは一つの方法です。

たとえば、親知らずがあって、その周囲がたまに腫れることがあるという場合、旅行先が海外で、現地での生活がストレスになって炎症が起きる可能性はゼロではありません。

なので、まったく問題がない時点で、国内の歯医者で抜歯してもらった方がいいわけです。

腫れていない状態であれば、腫れがおさまるまで待つ必要がないのですぐに抜くことが出来ます。

また、もし海外で抜くことになると、旅行保険などに加入していない場合は高額の請求を受ける可能性がありますが、国内で抜けばその心配はありません。
また、登山を目的に旅行に行くという場合も歯を診てもらった方がいいです。

というのは、気圧の変化で歯の根の部分に圧力がかかり、痛みが発生するということがあるからです。

虫歯にはなっているものの、いつもは特に痛むことがないという歯で、そういうことが起こることがあります。

この場合は、神経を取る治療をしてもらえば、気圧の変化で痛くなるということはありません。
歯の痛みというのは長時間うずくもので、瞬間的ではない分、痛みにずっと気を取られてしまって、痛みが出ると旅行先で楽しく過ごすことが難しくなります。

なので、そういうことにならないように、出来るだけ歯医者に行っておくようにしましょう。

渋谷の歯医者情報の差に驚きました。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です