矯正歯科での治療の流れは、初診時のカウンセリングから始まります。

カウンセリングでは、治療の必要性、適切な治療の開始時期や、予測される装置や治療方法、治療期間、費用などについての説明が行われます。

未成年が行う場合には、保護者と一緒に来院することになります。
次に、矯正歯科を受けるにあたって、診断や治療計画を立てるために必要な検査を行います。

歯の型の採取や、お顔やお口の中の写真、パノラマレントゲン写真などを利用して行います。
採取した歯の型から作った歯の模型や検査結果が出たら、それを元に患者にあった治療計画の詳細や治療費などについて詳しい説明がされます。

それぞれのメリットやデメリット、治療期間や費用の違いなどの確認をしっかりした上で、納得して治療方法を選ぶことが大切です。
契約したら治療を開始することになります。矯正装置を装着したあとは、虫歯や歯周病予防などのために口腔内清掃や歯磨きの指導が行われます。

歯磨きなど徹底的な説明がおこなわれます。装置装着後は矯正歯科へは、
3週間から6週間に一回くらいの割合で通院する必要があります。

治療の段階によって、通院頻度は異なり、予約日に来院できない場合、治療の進行が遅れる場合があるため、スケジュール通りに通院することが大切です。

装置が取れた後、動かした歯は何もしなければ少しずつ元に戻ろうとするため、支える骨や歯周組織が安定するまでの間、
保定装置を装着し、2カ月から6カ月に一度程度の通院をし、だんだんと間隔をあけていきます。

完全に安定したら、矯正歯科での治療は終了となります。
表参道の矯正歯科がオススメです。

Similar Posts

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です